サンプル測定
株式会社ユービーエム

〒617-0004
京都府向日市鶏冠井町四ノ坪30-11
TEL:075-935-1006
FAX:075-935-2823
E-mail:jdm04354@nifty.com

技術的なお問い合わせは
カスタマーサービス電話
TEL:075-935-1008 をご利用下さい。
ラインナップ
注射器の要領で液状試料の剪断応力や粘性率を測定
低粘度対応と高速剪断が特徴的なキャピラリー式粘度測定器
Rheosol-CRシリーズ
スタンダード

CR100

概要
  • キャピラリーレオメーターとは 注射器のようにシリンダーに充填した液体状の試料を、ピストン(プランジャー)の力で押し出す構造を持ち、 この時の剪断速度と内圧を計測することで、剪断応力や粘性率を算出します。

適用領域
  • キャピラリー方式の粘度測定器は、他の方式の粘度測定器に比べて、一般的に剪断速度の高い条件下での測定に向いているとされます。


    したがって、用途も高剪断条件下についての評価に向いています。
  • 主な領域としては、ゴム、樹脂加工分野での成形流動特性の評価、塗料や粘着剤分野での塗布性の評価、食品、化粧品分野での容器からの絞り出し感の評価などです。
  • 測定機能アイコンリスト
適応試料アイコンリスト
食品樹脂原料(溶液状態)インキ塗料シリコーンオイル接着剤(溶液状態)乳液
フォームエマルションサスペンション化粧品調味料
CR100の特長・使い易さ
  • 極低粘度にも対応できるダイレクト方式の高感度センサーを搭載
  • CR100では、試料を押し出すプランジャーの先端に圧力センサーを取り付け、試料の応力がセンサーにダイレクトに伝わる方式を採用しているため、他社製品に比べて、微小な力も敏感に読み取ることができます。
  • その為、他社のキャピラリーレオメーターが、比較的粘度の高い(圧力値が大きい)試料を対象にしていたのに対し、CR100は、極低粘度の試料も測定することが可能になっています。
  • 低速から高速まで幅広く対応できる剪断速度制御機能
  • 押し出し速度は、キャピラリー式粘度測定器としては、最速クラスの99mm/secまで設定することが可能です。
  • 剪断速度も、100~1000000sec-1と広範囲に調整することが可能になります。
  • 測定は、押し出し速度を7タームでプログラミングすることが出来ます。
  • 試料の粘度に合わせて選べるノズル
  • ノズルは、注射器でいうところの針の役割をする細管部品です。
  • CR100では、ノズル穴径φ0.5mm~φ3mm、ノズル長5mm~25mmの範囲のノズルを使って計測をおこなうことが可能なので、低粘度の試料から高粘度のものまで柔軟に対応することが可能です。
  • 測定時に、異なる長さの(穴径は同じ)ノズルを用いて測定をおこなうことで、バーグレイ(管長)補正を行い、より真値に近い値を推算することが可能になります。
  • 優れた基本性能(正確に動かし、正確に読み取る。)
  • 油圧サーボ機構により、プランジャーを正確に稼動。
  • 精密な金属加工技術と検査により、滑らかな動きを実現。データの真値性を向上。
  • 少量の試料で測定可能
  • 高感度なセンサーと精密に駆動するプランジャーによって、少ない試料でも十分なデータを測定できます。
  • 磨き抜かれた使い易さ(多様な測定を、簡単にデザインしオペレーション可能。)
  • 低粘度の水溶液から高粘度の高分子ゲル状物質まで様々な試料に対応。
    最大圧力値は20MPa。
  • 5~55℃の範囲で温度調整が可能。
  • パソコンとの連携により、快適な自動運転が可能。
  • 安全設計
  • 運転中のオーバープレッシャー状態を検知し自動停止。
  • コンパクト設計。
  • 安心サポート。
  • 国内メーカーによる純国産製品なのでサポートもスムーズ。
  • 取扱説明書や導入時のテクニカルレクチャーもわかりやすく丁寧です。
基本構造/動作原理
標準構成/オプションラインナップ
  • 標準構成
  • 押出粘度計測定機本体(油圧サーボ駆動方式)/計測制御BOX/油圧パワーユニット/パソコンシステム(測定~データ処理・解析)/測定部付属品(キャピラリーノズル、圧力センサー付きプランジャー、シリンダー)
  • BTOオプション(製造時オプション)
  • 追加ノズル(穴径、管長を自由に設計できます)
  • 他にも様々なカスタム対応をしておりますので、お気軽に御相談ください。
  • その他のオプション
  • 特になし
仕様一覧表
CR100-仕様表
装置名称 Rheosol-CR100
測定方法 キャピラリー式
せん断速度 (1/sec) ①300~300,000 ②2000~2,000,000
測定速度 (mm/sec) 0.1~90
測定圧力 (MPa) 0.02~20
測定温度 (℃) 5~40 (max 70 オプション)
測定変位 (mm) 32~147
ノズル直径 (mm) φ0.5 φ1.0 φ1.5 φ2.0 φ3.0
ノズル長さ (mm) 5~25
シリンダー直径 (mm) φ20
試料量 (ml) 50
本体サイズ (mm) 幅470 奥行き365 高さ980
本体重量 (N) 1100

キャピラリー式粘度計のアドバンテージ(比較表)
回転式 キャピラリー式
  • 幅広い粘度範囲の試料を測定する場合治具の交換が必要
  • 低粘度側での測定誤差が大きい
  • 高剪断領域での流動曲線が不安定
  • 高剪断領域での粘度測定ができる
  • 試料の温度が正確
  • 複数のノズルで測定することにより真の粘度値が求められる

弊社キャピラリーレオメーターRheosol-CR100の利点
他メーカー CR100
  • 装置が大きい
  • 掃除が大変
  • 重量が重い
  • 粘度を測るセンサーがロードセルなので微少な粘度変化を検出できない
  • 粘度を測るセンサーが圧力センサーなので微少な粘度変化を検出できる
  • 高剪断粘度測定できる
  • 装置が小さい